法人印鑑・会社設立印鑑セットや個人用実印・銀行印などを取扱い。印鑑のご注文は【印鑑の優美】へ!
厳選された印材で丁寧に仕上げた、高級印鑑・はんこを低価格でスピーディーにお届け致します。

印鑑の優美 印鑑 通販、全国送料無料。会社・法人印鑑など
法人印鑑・会社設立印鑑セットや個人用実印・銀行印
厳選された印材で丁寧に仕上げた印鑑を低価格で迅速に
印鑑の優美トップ前のページへ戻る

※ 会社法で有限会社は廃止されました。

有限会社とは、株式会社と同じく会社に出資し、会社債権者に対しては出資金以外の責任を負わない社員(出資者)からなる会社組織で、株式会社と機能はほとんど同じで、小資本、少人数の家族経営向きの会社組織です。
株式会社と違う点は、社員(株主)の数が50人以内・会社の代表権限は取締役が有し、役員の任期の定めがなく、代表取締役や監査役を置くか、どうかは任意の規定あるこなどが株式会社と違う点です。



有限会社の設立登記までのおおまかな手順
(資本金3百万円で現物出資の無い場合の例)

1.会社名称(商号)を決める。
同一市区町村において目的を同じくする会社名称は類似商号で登記出来ませんので念のため予備の名前も考えておく。

2.目的(事業内容)を決める。
目的は、具体性・明確性・営利性・適法性・が必要とされており、「商業」や「コンサルタント」などは抽象的で具体性がないと判断されます。しかし健康食品が認められたり時代の変化とともに変わります。

3.本店所在地を決めます。
届出をする所在地を決めます。

4.法務局で類似商号の調査をする。
商号・目的を具体的に示し、担当官の内諾サインをもらっておくとあとがスムースに運びます。

5.定款を作成します。
定款の表紙裏に4万円の印紙をはり消印しないで、公証人の認証を受けます。発起人(社員)全員の印鑑証明が必要です。定款は原本のほかに3部ほど謄本をもらい、金融機関の分と登記申請分と予備の分があるとあとあと便利です。

6.金融機関で資本金の預入れをします。
登記完了したら会社名で払い出し出来ます。

7.登記を申請します。
申請書の添付書類のほかに登記事項を記入した別紙と印鑑届を同時に出します。申請書記載の添付書類は申請書にホッチキスでとじますが別紙と印鑑届は綴じません。



有限会社作成書類見本







印鑑の優美商品一覧